今日のぼやき298「フォローとサポート」

こんにちは。
あったかリハビリ淀川サテライトの松本です。

仕事やプライベートで気づいたことや疑問に思ったこと、調べたことやその他どうでもいいことまで、その時の気分でぼやいていくコーナー
今回は

「フォローとサポート」


フォローとサポート
どちらも似たような意味で使いがちの言葉だが、これらの違いは何なのか?

フォロー⇒ 追う、続く
サポート⇒ 支える、支持、支援

という意味合いがあるらしい

ちなみに、似たような言葉にカバー、バックアップという言葉もあり

カバー⇒ 不備、不足等を補う
バックアップ⇒ 支援する、補佐、援助

という意味がある


何かを追いたい時、何か不足があった際に補いたい時、に使うのがフォロー
何かを支えたい時、支援や応援をしたい時、に使うのがサポート

SNSのフォロワーと言うがサボーターとは言わない
サッカーチームのサポーターと言うがフォロワーとは言わない

何かが起きたらフォローし、何かが起きないようにサポートする意識と
何かが起きた時にフォローしてもらい、何かが起きないようにサポートしてもらっている意識

この2つの意識は持ち続けようと思う。


挑戦!〜第23回 健康リズムプロフェッショナルへの道〜

いつもお世話になっております。
あったかリハビリの松本です。

自分や自分の周りの人が健康で過ごせる為に、自分なりに出来ることは何か…
第一歩として、まず自分が健康に関して確かな知識や見解を持つ為に、健康管理能力検定3級・2級を取得し、1級取得に向けて日々勉強に励んでおります。


今月は1級のテキスト健康管理学から「健康を阻害する要因」について紹介していきます!


病気にかからないように普段から健康増進に努めることを一次予防と言い、食生活の改善、適度な運動、禁煙、生活環境の改善、健康教育などがあります。
これらの取り組みに重点を置いていくには健康を阻害する要因について理解しなければなりません。
健康を阻害する要因は大きく5つあり、食生活要因、生活環境要因、社会環境要因、喫煙、飲酒の5つです。


食生活要因
大きな問題は栄養の偏りです。食の欧米化、外食、加工食品の影響を色濃く受けており、食べ過ぎてしまう飽食や食べ無さ過ぎる欠食も現代の特徴の一つです。

生活環境要因
近代化による運動不足が顕著に見られており、あらゆる技術やインフラが整ってきたことにより生体リズムの乱れも多く出てきています。

社会環境要因
大きく分けて職場と家庭に分けられます。
工業化社会から情報化社会に移行するにあたって多くの職場で適応していかなければならなくなっています。
家庭においても情報化によりコミュニケーションや価値観がガラッと変わってきていますし、世帯構成の変化や少子高齢化の進行など社会環境における要因はかなり健康に影響を及ぼします。

喫煙
肺がんだけでなく食道がんや胃がんなどのリスクもありますし、心疾患や肺疾患、呼吸器疾患の発生率も高くなります。
年々喫煙者の割合は減っているものの2015年時点では3割近くの喫煙者がいるというデータもあります。

飲酒
肝臓病やアルコール依存性など多くの臓器にわたる疾患があります。
飲むお酒や飲む量次第では健康被害が無いどころかむしろ健康に良いという研究もありますが、大事なのは適量・適度を守ることです。
日本酒であれば1合程度、ビールであれば1〜2本程度(一般的な話なので人によりますが)です。
週に2〜3日は休肝日を設けることも大切ですし飲み方も考える必要があるでしょう。


健康を阻害する5つの要因、少しだけでも意識してみてはいかがでしょうか。



おまけ〜お酒に飲まれない為に〜

「お酒は飲んでも飲まれるな」と言いますが、お酒に飲まれない為にも
・空腹時に飲まない
・一気に飲まない
・合間に水分をしっかり摂る
・食事をしながら飲む
・アルコール度数の高いものはストレートではなく水で割って飲む

といったような工夫をしながら楽しく飲めるといいですね。
e706ddb3810bce40de3053c1e1c1c313_t.jpeg

今日のぼやき297「第6の味覚」

こんにちは。
あったかリハビリ淀川サテライトの松本です。

仕事やプライベートで気づいたことや疑問に思ったこと、調べたことやその他どうでもいいことまで、その時の気分でぼやいていくコーナー
今回は

「第6の味覚」

味覚は五感の一つであり
甘味
塩味
酸味
苦味
旨み
の5つが基本味に位置づけられている

そんな中、第6の味覚というものもたくさん候補に挙がっており、
でんぷん味
カルシウム味
脂肪味

というものがあるみたいだ


でんぷん味や脂肪味はヒトでもある程度の結果が出ているみたいなので、正式に認められるのもそう遠くないかもしれない。

今日のぼやき296「春霞」

こんにちは。
あったかリハビリ淀川サテライトの松本です。

仕事やプライベートで気づいたことや疑問に思ったこと、調べたことやその他どうでもいいことまで、その時の気分でぼやいていくコーナー
今回は

「春霞」


霞(かすみ)とは、霧(きり)や靄(もや)などによりぼんやり見える様を表す言葉であり、この時期の遠くの景色がまるで薄雲がかかったような景色になることを春霞(はるかすみ)と呼ぶ

似たような言葉に朧(おぼろ)という言葉があるが、ほぼ同じ意味
霞(かすみ)は昼の呼び名で、夜は朧(おぼろ)と呼び名が変わるのだとか

昼間には「霞」と呼ばれるものが夜になると「朧」に変わる
朧月と言う言葉があるが、そういう意味があったのだと今になって理解した
日本のこういう所は趣があっていいな〜と思う



ちなみに、視界が1km未満の場合は霧(きり)、1km以上のものは靄(もや)と呼ぶらしい。



リハビリとは・・・?その54

こんにちは。
あったかリハビリ淀川サテライトの松本です。

訪問リハビリの現場に携わって9年1ヶ月。
8900件を超える訪問回数を経て、今まで訪問でのリハビリに関わってきた僕が
気付いたこと、考えている事、リハビリとはどういったものなのかを発信していくコラムです。
去年はリハビリというものを、リハビリを提供している側(僕やその他セラピスト)ではなく、リハビリを受けている側(利用者様、ご家族様の声)の視点からお伝えさせてもらいました。

今年は利用者様やご家族様の声(ご意見や考え、様々な言動・行動)を踏まえて、1度原点に立ち戻り、自分なりのリハビリというものを再度見つめ直してみようと思います。


今月は
リハビリの必要性とは

先月の「リハビリの価値」のテーマで

リハビリが必要な人からしたら8000円(介護保険で60分のリハビリを行う場合)払ってでも受ける価値がある

と書かせてもらいましたが、果たしてリハビリの必要性とは何なのでしょうか?

リハビリを必要とする人に多い疾患としては
・整形疾患(術後の方や骨折など)
・脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞)
・呼吸器疾患(肺炎、COPD)
・特定疾患(パーキンソン病や脊髄小脳変性症など)
などが多く見受けられ、他にも心疾患、内臓疾患、疾患名が定かでない疾患(廃用症候群、運動器障害等が用いられることがある)などもあります。



ここで取り上げたのはほんの一部ですが、怪我や病気により状態や能力が低下した、もしくは低下傾向にある人がリハビリの必要性を感じられるケースが多いです。

リハビリの目的は
怪我や病気で何かしらの障害を持ったとき、障害を治すための訓練は勿論のこと、障害をもったままでもその人らしい人生が送れるよう支援すること
であり、病気や怪我によって低下した、もしくは低下傾向にある人の状態や能力の維持・向上を図るのがリハビリです。

・状態や能力の維持・向上を図りたい
・自分らしい人生が送れるようになりたい

といった思いがあるが自分の力ではどうしようもない時や難しい時に
リハビリの必要性というものを感じられるのではないかと思っています。



リハビリが必要そうに見えて必要な人
リハビリが必要そうに見えるけど不要な人
リハビリが不要そうに見えるけど必要な人
リハビリが不要そうに見えて不要な人

と様々ですが、その人にとって必要な事がリハビリで叶う可能性があってはじめてリハビリの必要性が高まるのだと思います。



〜まとめ〜
リハビリの必要性とは

・状態や能力の維持・向上を図りたい
・自分らしい人生が送れるようになりたい
といった思いがあるが自分の力ではどうしようもない時や難しい時にリハビリの必要性というものを感じ、
その人にとって必要な事がリハビリで叶う可能性があってはじめてリハビリの必要性が高まる。

今日のぼやき295「消費税総額表示」

こんにちは。
あったかリハビリ淀川サテライトの松本です。

仕事やプライベートで気づいたことや疑問に思ったこと、調べたことやその他どうでもいいことまで、その時の気分でぼやいていくコーナー
今回は

「消費税総額表示」

2021年4月から変わることがある
その一つが


消費税総額表示の義務化


商品やサービスの値札、チラシなどが消費税込みの価格で表示されることになる
今まで行っていた消費税の計算の手間が省けるし、税抜表示や税込表示でバラバラだったものが価格比較しやすくなるといったメリットがある

一方、消費税に関する関心が薄れる事が懸念されているし、増税に対する反発を抑える働きや、今後税率を引き上げやすくするためといった声もある


出版業界でも悲鳴が上がっており、問題の1つになっているのが「本」
基本的に「本」には消費期限や使用期限が無いため、長年店頭に並んだり保管されている

なので「本」には
本体○○円(税別)
本体○○円+税
と表示されているものがほとんど

総額表示が義務化される事によって
・今ある本に対しての対応に膨大な費用と時間を費やす
・今後税率が変わった時の対応にも膨大な費用と時間を費やす
といった問題が懸念される

詳しくは知らないが特例措置があったり、店内にPOP等を掲示したり陳列棚に税込価格を表示する等の対応でも大丈夫なようなので、商品そのものを作り直す必要は無いらしい

それにしても対応が大変になることには変わりないだろうし、本好きとしては「本の価値」が下がらない事を願うばかりである。


今日のぼやき294「呼び方」

こんにちは。
あったかリハビリ淀川サテライトの松本です。

仕事やプライベートで気づいたことや疑問に思ったこと、調べたことやその他どうでもいいことまで、その時の気分でぼやいていくコーナー
今回は

「呼び方」

小麦粉を主体とした生地にあんこを入れて、小判状をした型を使用したもので焼き上げた和菓子は何だろうか?


実は地方によって呼び方が異なっており、

関西圏では「回転焼き」「御座候」
関東の方では「今川焼き」
北海道、東北の方では「おやき」
四国、中国地方では「大判焼き」
北陸地方では「二重焼き」
(※一部違うとこもあるかもしれないが大体はこんな感じ)

といったような違いがあるらしい

今川焼きと回転焼きは別物だと思っていたが、今になって同じものだという事を知った


これ以外にも、「とうもろこし」もそう

今も昔もずっと「とうもろこし」と呼んでいたのだが
なんば
もろこし
なんばん
とうみぎ
とうなわ
とうきび
などなど、地域によって様々な呼び方があるらしい。

挑戦!〜今月の読書47〜

こんにちは。
少しずつ暖かくなってきましたね♪
所によっては桜も満開ですし、今週はもう4月に入るので一層春らしい陽気になっていくのかなと思います。
そんな春らしい陽気に似合わない1冊ですが、今月紹介する本はこちら。


IMG_9825.jpeg
「最後のトリック」 
著者: 深水 黎一郎

未だかつて読んだことのない小説に出会いました。


巷では様々なミステリー小説がありますが、ミステリー小説の醍醐味の一つが「犯人は誰なのか」という要素です。
被害者が犯人、探偵が犯人、死人が犯人、動物が犯人、自然現象が犯人、警察関係者が犯人、登場人物全員が犯人…といったように、犯人探しがミステリー小説の面白さの一つです。


意外な犯人である小説ほど面白いという人もいれば
犯人よりトリック重視の人もいれば
最初から犯人が分かっていて、犯人目線で進んでいくストーリーが好きな人もいるでしょう。
探偵気分で読む小説もあれば、自分が犯人になった気分で読み進める小説もあります。


僕もミステリー小説が好きなので何十冊(もしくは何百冊?)も読んできましたが、この本は今までの概念を吹き飛ばすような1冊でした。
というのも、この本は「読者が犯人」というミステリー最後の不可能トリックに挑戦した1冊だったからです。


文中には


“読み終わって本を閉じた読者に「私が犯人だ」と言わせることができれば、作者の勝ち、というわけです。“


という文章があるのですが、まさしく読み終わった時に「僕が犯人だ…」となってしまいました。
ぜひ、最後のトリックを堪能して犯人になってみてください。